活動ニュース

2019年7月15日(月)

【広島】枝野代表が森本候補を応援「森本さんを通じて日本の民主主義、暮らしを守ろう」

【広島】枝野代表が森本候補を応援「森本さんを通じて日本の民主主義、暮らしを守ろう」

 枝野幸男代表は9日、参院選広島選挙区から立候補している野党統一候補、無所属で現職の森本しんじ(もりもと・しんじ)候補の応援のため広島県に入り、福山駅前で国民民主党の玉城雄一郎代表とともに街頭演説を行いました。森本候補は、県内の立憲民主、国民民主、社民などが新たに設立した政治団体「国民主権を取り戻すために結集する広島政党連絡会(結集広島)」が支援、湯崎英彦広島県知事も支援する考えを示しています。

 森本候補は、「広い広島県、一人でも多くの県民の皆さんと対話をして思いを聞かせていただき、その声を形にしていく。答えは必ず現場にある。暮らしのなかにある。そのことを再確認しながらこの選挙戦に臨んでいる。この6年間、広島の声を、広島の思いを国政に。私の行動原理は変わることなく続けてきた」と表明。安倍政権のもと、特に国政は地域で暮らす人々の声が届かない、向き合わず、国民の政治への信頼はますます失われていったと指摘し、「相手は巨大な権力だが、市民の皆さん一人ひとりの結集があれば立ち向かって行ける。そのことを確信し、残りの選挙戦も全力で県内を走り回っていく。広島の心を、広島の思いを国政に。結集の力を大きくし広島県内、日本全国にこの力を、権力に立ち向かう力を大きくしていただきたい」と呼びかけました。

S__63046039edano.jpg

 枝野代表は、「安倍さんはこの選挙で『政治の安定を問う』とおっしゃっている。公文書が隠ぺいされたり改ざんされたり、閣僚が相次いで暴言、失言を繰り返しても責任が問われない。こんな政治を安定していいのでしょうか。しっかりと国民の皆さんの前に情報を公開し、まっとうな議論をして、物事を決めていく、本来の民主主義を取り戻さなければいけないのではないでしょうか。確かに、株価は上がり、大きな企業の儲けは過去最高になっている。でもそんな状況がもう6年も経つのにあなたの暮らしはよくなっていますか。皆さんの周りの老後の安心は高まっていますか。安心して子どもを産み育てる環境は良くなっていますか。一握りの強い者がより強くなる、豊かな者がより豊かになる。そのことで国民生活が破壊されている、そんな政治の安定を皆さん望んでいますか」と提起。「民主主義と国民生活が破壊されている、この政治の状況から、国民の生活を防衛する、暮らしを守る政治へと変えていく一歩を、この参院選挙を通じて皆さんとともに踏み出していかなければいけない」と力を込めました。

 参院選挙の争点の1つに「憲法」が挙げられていることには、「広島は、広島市に原爆が落ち、平和を誰よりも求めている皆さんが多い地域だと思っている。核廃絶に向けた努力を日本こそが進めていかなければならないのに、いまの日本の政府はむしろ後ろ向きではないか。こうした状況を変えていく一歩にしよう」と主張。「大変な激戦になっているが、皆さんの力があればこの激戦を必ず勝ち抜けると信じてやってきた。この選挙で問われているのは民主主義だ。皆さんお一人おひとりの声が本当に届く政治になっているのか。そういう政治をつくっていくのかが問われている。各党派の皆さんと連携して、われわれも最大限の力を発揮できるよう頑張っていく。でも民主主義の主役は、有権者の皆さんお一人おひとりです。森本しんじさんには、日本の民主主義には、一人ひとりが豊かさを実感できる暮らしには、あなたの力が必要です。ぜひ皆さんの力をさらに発揮していただき、森本しんじさんを通じて日本の民主主義を、あなたの暮らしを、生活を守りましょう」と訴えました。

S__63046131shukai.jpg
枝野代表は府中市内で開かれた森本候補の個人演説会にも参加